Windows10 動作が重い CPUの使用率を軽減~Runtime Broker 対策



 

特に何もソフトウェアを起動していないのに動作が重い!

そのようなときは、原因を特定するためタスクマネージャーを開いて確認することが一般的です。

当方のパソコンでも何かと挙動がおかしいので確認した結果、下画像のとおりだった。

 

↓私のPCの環境

パーツ型式・仕様等
ケースRAIJINTEK METIS GREEN
CPUIntel Core i3 6100T(Skylake)
GPUGeForce GT 1030
SSDIntel SSD 600pシリーズ(M.2)512GB
マザボASUSTeK Intel B150I PRO GAMING AURA
メモリTEAM DDR4 PC4-19200 DDR4 2400MHz 8GB×2
CPUクーラーサイズ 120mm IZUNA SCIZN-1000I
電源SilverStone SFX電源 300W 92mmFAN搭載 SST-ST30SF V2

 

何もソフトウェアを使用していない状況ですが、約10秒置きぐらいにCPU使用率が20%程まで上昇しています。
それも、キレイに決まったパターンで。

これはいつもの、Windows10がいらぬ世話をしているに違いない!

と思い、調べてみた結果、簡単に解決することができました。

 

1 原因

2番目の画像から分かるとおり、稼働しているプロセスは

Runtime Broker
フォト

これらのようです。

調べてみると、Winアプリの一つであるこの「フォト」は、パソコン内の画像ファイルデータの収集過程でリソースを使用しているようです。

スタートボタンを押したタイル画面でも、「最近撮影された画像」が優先的にライブタイルとして表示される機能などがあるようですし、その制御のためと予測できます。

そして、その制御のために「Runtime Broker」なんてものが稼働し、結果的にCPUの使用率を上昇させ、メモリを浪費させていると。

 


2 解決策(フォトのコレクションフォルダーの削除)

余計なお仕事をしないように(ヒドい言い方かな´・ω・`)、機能を停止させましょう。

スタートメニューから「フォト」を起動し、右上のボタンから「設定」を開きます。

 

そして、「これまでの検索結果の一覧を次に示します。」の欄に何も表示がなくなるように「❌」を押してフォルダを消していきます。
出てくる注意のとおり、そのフォルダ自体が削除されるわけではないので安心してOK

 

3 解決確認

またタスクマネージャーと睨めっこして、問題が解決したか確認してみましょう。

私はこの作業だけで平穏な使用率になりました!


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください