【2019年最新】とにかくネットの通信速度を高速化~7つの方法



 

とにかく何でも良いからネット速度を高速化する方法を教えやがれ!

という方へ向けたページです。

パソコンは非常に高性能化してきており、結果、ネットの通信速度がボトルネックとなりがち。

ネットの通信速度は、パソコンの設定から始まり、

  • 通信時間帯や休日の関係
  • アパートの世帯数
  • 契約したプロバイダ

等、非常に多くの要素が絡んでくるため、一概に高速化の効果を感じることは難しいかもしれませんが、ネット速度を高速化する理論をいくつかここで挙げていきますので気休め程度にどうぞです。(*´ω`*)

なお、各項目に簡単な説明を添えておりますが、本当に大雑把な説明なので「厳密には違っているよ」という内容があるかもしれませんが、気にしないように。

 

 

 

 

1 モデム&ルータの再起動

家庭内に設置&可動しているモデムと、使っているならルータを再起動することで通信速度が改善する可能性があります。

基本的に初期設定が終わったモデムやルータは、電源を入れっぱで何も触らない家庭がほとんどでしょうが、使い続けることで何か余計なデータ?が蓄積して不具合を発生させる可能性があります。

そこらへんはパソコンと同じで、毎日とは言いませんので定期的に電源の切・入を行うことで再起動し、機器をリフレッシュすると良いかもしれません。

 


2 DNSの設定

パソコンがインターネットを使って他のパソコンにアクセスするためには、その住所、つまりIPアドレスが必要です。
本来、英数字等で表されたURLはそのままでは利用できないところ、それを関連付けられたIPアドレスへ相互に変換するサービスがDNSとなります。

DNSが遅ければ、通信アクセスに時間を要すことになり、表示が遅くなります。

デフォルトでは「192.168.~」といったローカルアドレスが指定されていると思います。

これをCloudflare社が提供の「1.1.1.1」に設定することで、

キャッシュを残さないのでセキュア
変換エラーが減少(正確になる)
通信速度の高速化

が実現します。
以下が設定方法です。

 

コントロールパネル
→ ネットワークとインターネット
→ ネットワークと共有センター

と辿っていき、自分が接続しているネットワークを選択し、状態を表示する。

 

プロパティを表示する。

 

私の環境ではWi-Fiの設定を開いていますが、有線接続の場合も同じです。
この項目の「IPv4」と「IPv6」の設定を変更します。

 

上の項目の「インターネット プロトコル バージョン4」をマウス左ダブルクリックで次の画面を開きます。
DNSの項目にて

優先:1.1.1.1
代替:1.0.0.1

と入力してOKを押します。

 

同じ要領で「インターネット プロトコル バージョン6」も設定変更します。

優先:2606:4700:4700::1111
代替:2606:4700:4700::1001

 

3 ネットワークドライバの更新(再インストール)

スタートボタンを右クリック
→ デバイスマネージャ

からネットワークアダプタを調べ、その最新のドライバをインストールしてみましょう。

ドライバを最新にすることで、

何らかの不具合が解消
パフォーマンスがアップ

する可能性があります。

ネットワークの話に限ったものではないですが、何事も定期的なドライバの更新やファームウェアアップデート等のメンテナンスでパフォーマンスアップすることがあるので、いろいろ試してみる価値はあると思います。

 


4 ルータの設定

特に無線通信を設定している場合は、より高速な無線通信ができるように設定しましょう。
具体的には、

  • 5Ghz(11ac)通信を使っているか確認
  • 2.4Ghz通信は、使っている機器が無ければオフに
    (出力を絞り込み、ルータの負担を減らす)
    (違う周波数帯なので影響は少ないだろうが
    無線出力を減らし、混線を避ける)
  • 無線チャンネルをいろいろ変更して試す
    (アパートなどでは周波数帯の重複で速度低下)
  • 帯域について、倍速出力が可能であれば設定
  • Key更新は頻繁すぎるとルータの負担になると思う
    (最長の1440分に設定している)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ルータ本体のファームウェアアップデートを定期的に確認するようにしましょう。

最近の物は自動でアップデートする設定にできるものもあるようですが。

 

5 ツールを用いた高速化(Advanced SystemCare)

執筆中

 


6 高速な通信デバイスを用意(11ac)

執筆中

 

7 V6プラスの導入

下リンクを参照のこと。

 

 

 

少しでもパソコンを早くしたい・・・っ!という方は以下もお試し下さい。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください