Windows10 アイコンを正しく表示させる(アイコンキャッシュリセット)

 

Windows10 アイコンを正しく表示させたい!

過去にもWindows7のアイコンの表示が~という下りで記事を書きましたが、

Windows7 でアイコンの表示がおかしくなった場合の解決方法

Windows10でも同じことが発生する。
だらしねぇなぁ~

 

おそらくは、手動で作ったプログラムのショートカットファイルの作成や、その削除等の処理の流れにエクスプローラーが追っついていないためと思われます。

 

アイコンの表示がおかしくなった場合の対策、それは

IconCache.dbファイルを読み取り専用で再作成

することです。

1度これをやっておけば、今後も変な表示になる可能性がぐっと減少しますので、OSをインストールしたらまずやっておきましょう。

 

 IconCache.dbファイルの再作成方法

 

IconCache.db は隠しフォルダ内にあります。

まず、フォルダオプションから隠しファイルを表示すようにしておきましょう。

 

ファイルがある場所ですが、

Cドライブ
→ ユーザー
→ ユーザー名(各々のユーザー名)
→ AppData(隠しファイル)
→ Local

ここにあります。

 

「Local」フォルダ内の、

「IconCache.db」ファイルを削除

したうえ、

同じ名前で空ファイルを作成
(例)スペースで右クリック

→新規作成
→テキストドキュメント
→ファイル名を「IconCache.db」に変更
→『拡張子を変更すると、ファイルが~』で「はい」を選択

します。

 

その後、ファイルを右クリック→プロパティから読み取り専用を選択してOKを押します。
下の画像のようにサイズが0KBのデータベースファイルが作成されていればOKです。

これをすることによって、不用意なアイコンキャッシュが作成されなくなり、アイコンバグの発生をおさえることができると思われます。

この後再起動を実行すれば、ほとんどのアイコンバグが解消されているはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。