【ITX PC用最強電源】Corsair(コルセア)SF450 レビュー



 

Palit GTX 1660Ti の ベンチマーク 消費電力 【GT 1030と 比較】

2019年2月25日

↑のページで紹介のとおり、

  • グラボを【GTX1660Ti(Palit)】
  • 電源を 【玄人志向 KRPW-BK550W/85+】

それぞれ換装している。

 

この換装での気がかりな点は2つ。

  • ケース内がごちゃごちゃ
  • 電源のファンの音

電源のファンの音は、別にうるさいわけでなく、非常に静か。

しかし、今までがセミファンレスで無音だったことと比べてしまうと、どうしても気になってしまう。

ケース内の圧迫も少し心配・・・

 

よって、電源を自分の納得の行く電源へに交換しようという企画である。

 




1 電源候補条件

  • セミファンレス
    → 使用ワットが少ない場合はファン停止
  • SFX電源
    → ケース内の圧迫感解消に
  • プラグイン式
    → ケース内がスッキリきれいに
  • 1660Ti用の8ピン出力あり
    → せっかく買った1660Tiは使用継続したい
  • 電源要領は400Wくらいのもの
    → ワットチェッカーでベンチ中も最大使用Wは180程度だった

 

こららの条件にマッチするのは、Corsair製のPC電源ユニット、

SF450 450W PC電源ユニット
[80PLUS PLATINUM] CP-9020181-JP

のみであった!

多分これがITXパソコン向けの最強電源だと思います。

 

2 電源発注

近くのパソコン工房にて発見!

ネット上の最安価格【14,000円】よりも少々お高い、18,000円で近所のパソコン工房で購入した。

今思えば少し到着が遅くなろうとも、ネットで安く購入するのが賢いよな、と。

我慢できない男!スパイダーマッ!!

 

↓ 高級志向な装丁でご到着。うむ、満足じゃ。

 




3 電源交換

上記電源へ交換を実施した。

↓ BEFORE

↓ AFTER

 

うーむ、ケース内がすっきりしましたね!(ニッコリ)

ファンの音も無音!

12センチのCPUファンと12センチケースファンの低回転では、もはや音は聞こえず!
グラボのファンもアイドルではほぼ聞こえず。

大満足のノム犬なのでした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください