「VideoProc」のビデオ編集機能!使い方やレビューについて



 

【2019年おすすめ】動画編集・リッピングソフト VideoProc のレビュー!

2019年10月14日

上記事では、「VideoProc」には動画編集に必要である主要な4つの機能が備わっていることについて記述しました。

このページでは、1つ目の「ビデオ編集機能」について、使い方や使った感想をレビューしていきたいと思います。

私は動画編集についてはあまり詳しくはなかったのですが、スッキリとしたUIであり、直感的な操作が可能で非常に使いやすかったです。

 

今回使用したソフトウェア

VideoProc
誰でも簡単にプロ級動画が作れる多機能ビデオ処理ソフト

動画・音声変換、DVD変換、Web動画ダウンロード、画面録画の4大機能を一本のソフトに凝縮!

 

1 「ビデオ」項目でできること

(1)ビデオ&オーディオ

  • ビデオ回転(90度単位)
  • ビデオ反転(上下反転、左右反転)
  • 再生速度調整(0.10~16倍、0.01刻み)
  • 音量調整
  • オーディオ遅延(0.01秒単位)
  • オーディオを無効にする
編集前と編集後がプレビューに表示されるので分かりやすいです。
編集項目も素人目線でも分かりやすい!
ノム犬
ノム犬

(2)効果

主に動画の色合い関係を編集する項目です。
編集できる項目は以下のとおり。

  • 「グレースケール」、「色反転」などの効果選択
  • 明るさ
  • コントラスト
  • 色調
  • ガンマ
  • 彩度
「効果」の選択や編集もプレビューが可能ですが、
再生を少し動かさないとプレビュー画面に
反映されないので注意。
ノム犬
ノム犬

(3)字幕

主に映画データ等が対象になるようですが、字幕データを編集できるようです。

字幕データの、

  • 位置
  • 言語
  • フォント

を選択して表示させることができます。

さすがにここは一般的には使わなそうな
機能ですね・・・(´・ω・`)
ノム犬
ノム犬

(4)トリミング

時間を指定して、動画データから指定された時間の部分を切り抜くことができます。

シークバーに付いている「ノブ」をドラッグして、切り抜き部分を選択します。

直接時間を打ち込む必要がなく、視覚的で分かりやすいです。

 

(5)クロップ

□ クロップを有効にする
ここにチェックを入れることで、画面上から動画の端部分をドラッグして、視覚的にクロップ箇所を選択することができます。

クロップの位置をピクセル単位で数値で指定することも可能です。

プリセットには、

  • スケーリング
  • レターボックス検測
  • 現在の比率を維持する
  • 元ビデオの比率を維持する
  • 16:9
  • 4:3
  • 1:1

が指定可能で、これを指定することで、その条件に則してクロップ編集することができるようになります。

 

(6)透かし

□ 透かしを有効にする
ここをチェックすることで、編集後の動画データに透かしの文字列や画像を入れることができます。

・テキスト
・画像
・タイムコード

いずれかを挿入することが可能です。

それぞれ透明度を選択することもでき、挿入位置も自在に設定することができます。

テキストとタイムコードはフォント種やフォントサイズまで指定することが可能です。

テキスト、画像、タイムコード
1つだけ指定することができる!
ノム犬
ノム犬

2 実際に編集してみる

ソース(元動画)として、12秒ほどの動画を使用します。

 

この動画を、

  • 動画を適当なところでカット
  • リプレイ(色合いを変えてスロー再生するもの)を追加

といった編集にチャレンジしてみたいと思います。

 

「VideoProc」を起ち上げ、
「ビデオ」を選択して対象の動画を読み込みます。

さらに、リプレイ再生用に同じ素材をもう1本読み込んでおきます

効果や再生速度を変えて
リプレイのように再生するから
動画を2本用意するのだ!
ノム犬
ノム犬

まず、1本目の動画を編集していきます。

必要な部分のみ動画を切り出したいので、
「トリミング」でノブを動し、
切り出したい部分を選択し、
「トリミング」ボタンを押してカットします。

すると、下の欄にカットした動画素材が追加されていきます。
(下の欄の動画素材は最終的に1本の動画になる!)

1本目の動画編集は完了したので、右下の「完了」ボタンを押して前の画面に戻ります。

 

次に2本目の動画を選択して編集していきます。

色合いを変えたいので、
「効果」から適当な効果を選択します。

今回は「ビンテージ」を選択してみました。

 

そして、スロー再生のリプレイを追加したいので、

「ビデオ&オーディオ」から再生速度を変更します。

 

完了を選択肢、最後に
□ 結合
にチェックを入れた上、「RUN」ボタンを押してエンコードに入ります。
(結合にチェックを入れることで、リストに上がっている動画データの編集後のデータが一本に結合されて出来上がります)

 

当方の環境では、

  • Windows10 64bit
  • Intel Core i3 6100T
  • GeForce GTX 1660 Ti

エンコードは一瞬で終わりました。

素材が短すぎでしたね・・・スマソ
ノム犬
ノム犬

出来上がったのはコレ↓

 

設定からエンコードまで、ものの5分でしたが、思った通りの構成の動画を作ることができました!

今回は素材動画1本のみだったので非常に簡潔な編集で終わっていますが、複数の素材があれば結構凝った編集をすることができそうですね(^^)

 

3 「ビデオ編集機能」の総評

本当に、

  • 分かりやすい
  • 直感的・視覚的で使いやすい

これに尽きると思います。

動画のどのような部分を、どのように編集しているのか、初めて使用した私でも理解しながら使用することができました。

そして、ソフトウェアが非常に軽快に動作し、UIもオシャレでエンコードも高速だったので感激モノです。

 

逆に、残念というか、今一歩だ、と思った点は、

  • 「効果」等、編集を加えた際に、すぐにプレビュー画面に反映されない
    (動画を一瞬でも動かさないと反映されない)
  • プレビュー動画の音量が調整できない?
    (元データの音声が大きいせいか、うるさくてかなわなかった汗)

ぐらいでしょうか。

動画の切れ目に挿入するフェード等の「エフェクト」が実装されれば、さらに実用的になると思ったり。

 

とはいえ、さらに細かいところに手を出そうと思えば、多数の動画素材を用意しての複雑な編集を試みたり、「コーデックのオプション」を設定して画質を極めたり等、使い倒しがいのある機能であると思います。

動画編集は億劫に思う人も多いでしょうが、「ソフトウェア」という環境一つで大きくモチベーションが変わると感じました。

みなさんも是非お試しあれ!

「VideoProc」の他の機能のプレビューは下記のリンクからどうぞ!

 

「VideoProc」のDVD変換・バックアップ機能!使い方やレビューについて

2019年10月24日

「VideoProc」のダウンロード機能!使い方やレビューについて

2019年10月24日

「VideoProc」の録画機能!使い方やレビューについて

2019年10月24日

 

今回使用したソフトウェア

VideoProc
誰でも簡単にプロ級動画が作れる多機能ビデオ処理ソフト

動画・音声変換、DVD変換、Web動画ダウンロード、画面録画の4大機能を一本のソフトに凝縮!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください