図解!『ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります』の解決方法



 

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 

今年6月に入って、Googleのアドセンスページを開いたらいきなり表示がされて驚きました。

む、最近ビュー数が少ないのはこのエラーのせいなのではないか!?
(否、私が記事投稿をサボっているためでしょう笑)

 

何はともあれ、問題は解決しておくに越したことはないでしょう。

以下、問題点と解決方法です。

 

1 このエラーの意味

Googleアドセンスのヘルプページには以下のように説明文があります。

Googleアドセンスヘルプページより抜粋

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

 

正直、分かったようで、曖昧な感じもあるのですが、つまりは、

  • 悪意ある者により、自サイトに偽の広告を貼られ、収益を搾取される
  • 自サイトの自分の広告の収益が、何らかの方法で他の者に流出してしまう

などという問題発生を未然に防止するための対策案の一つ、ということではないでしょうか。

 

そのために、ads.txt を設置しましょうね!と強く推奨してきているのです。

 


2 エラー解決方法

このヘルプページにあるように、

  1. テキストファイルを作成
  2. ファイル内に所定の1行の文字を書き込む
  3. ファイルサーバにアップロード

と簡単に解決するようです。

 

(1)テキストファイル作成

ads.txt』という名前のテキストファイルを作成します。

デスクトップ上で右クリック、「新規作成」から「テキストドキュメント」を選択していくのが簡単ですね。

メモ帳でもTeraPadなどのフリーソフトでも何でもかまいません。

 

(2)テキストファイルへの書き込み

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

という1文を書き込みます。

「pub-」以下の数字はアドセンスページの「アカウント」で確認できます。

↓ Google Adsense ホームページ

↓ アカウント情報ページ

 

必要な情報を書き込んだら、しっかりと上書き保存します。

保存されている場所をしっかりと把握しておきます。

 

(3)ファイルサーバへのアップロード

当方、エックスサーバへを使用しているので、エックスサーバのファイルサーバへアップロードを実施します。

下ではファイルマネージャからアップロードを実施していますが、FTP等を用いた方法によるアップロードでも何でも良いと思います。

作成したテキストファイルをアップロードする場所は「ドメインルートレベル」とのことです。

WordPressやファイルサーバのデフォルト設定で言うならば、「public_html ファルダの直下」のことのようです。

↓ ファイルマネージャへログイン

↓ ファイルをアップロードする

 

簡単にですが、以上で作業終了です。

おつかれさまでした!

問題解決してページビュー数が伸びるといいなぁ笑


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください