【2018年新型】iPad Proスペック 2017年との比較表



 

2018年10月30日、新型iPadが発表されました。

はたしてこれは買いなのか?

もしくわ旧世代が買いになったのか。

これは好みや人次第でしょう。

(お金を気にしないなら新商品に越したことはない・・・?)

 

新iPadと2017年iPadとの比較表を作ってみたので参考にしていただければ幸いです。

その後、個人的な見どころ述べさせてもらっています。

 



1 比較表

 

モデル
(世代)
iPad Pro 12.9
(2018)
iPad Pro 11
(2018)
iPad Pro 10.5
(2017)
ディスプレイ12.9インチ
2,732 x 2,048
264ppi
11インチ
2,388 x 1,668
264ppi
10.5インチ
2,224 x 1,668
264ppi
リフレッシュレート:120Hz
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
CPUA12X Bionic
8コアCPU
7コアGPU
8コアNeural Engine
A10X Fusion
6コアCPU
12コアGPU
メモリ6GB(?)4GB
容量64GB
256GB
512GB
1TB
64GB
256GB
512GB
サイズ280.6 x 214.9 x 5.9247.6 x 178.5 x 5.9250.6 x 174.1 x 6.1
重さ631 g477 g 468 g
カメラ1,200万画素
5枚構成(ƒ/1.8)

スマートHDR
4K60p動画
1,200万画素
6枚構成(ƒ/1.8)
光学式手ぶれ補正
HDR
4K30p動画
認証システム顔認証指紋認証
Touch ID
充電ポートUSB-CLightning
3.5mmジャック
(ヘッドフォン)
廃止
価格
Wi-Fiモデル
64GB111,800円89,800円69,800円
256GB128,800円106,800円86,800円
512GB150,800円128,800円108,800円
1TB194,800円172,800円
価格
Wi-Fi+セルラー
64GB128,800円106,800円84,800円
256GB145,800円123,800円101,800円
512GB167,800円145,800円123,800円
1TB211,800円189,800円

 

2 CPUについて

CPUコア数が増え、また、顔認証をはじめとしたアルゴリズム解析を担うというニューラルエンジンを搭載した。

CPUはコア数が2つも増え、全世代と比べ9割ほど高速化するとの発表(本当か?笑)
7nmへとプロセッサの微細化が更に進み、高性能化・省電力化も向上したとのこと。

ニューラルエンジンは、機械学習アルゴリズムへの依存度が高いARや画像認識などの技術が進歩すればするほど、その重要度が増す機能と言える。

 

3 充電ポート

Lightningポートを廃止し、USB-Cポートとなった。

 

  • 今までのケーブルが流用できない
  • LightningケーブルのiPhoneユーザの利便性減少

 

などの嘆かれるところであるが、一方、

 

  • より高速な充電が可能に
  • PCでも今後普及が見込まれる未来性
  • iPadから逆に充電が可能に(モバイルバッテリーにもなる)
  • 外部モニタへの映像出力が可能に

 

などのメリットは要チェックや!

 

4 Apple Pencil2

充電方法が危うかった前作から、ワイヤレス充電ができるスマートな形式へと進化を遂げた。

Lightningポートに刺したままでは折れてしまいそうな恐怖から開放されるとともに、ペンの置所にも困らない、そのまま充電できるスマートな仕様となった。

純粋に良改善!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください