ヤフオク 連絡取れない! 違反商品として削除・取り消しされた場合の対処



ヤフオクは私の趣味のひとつですね。

取引評価「非常に良い」を積み重ねることに非常に興奮を覚えます(変態)

今現在は8年継続してきて339評価!(いいゾ~コレ!)

 

さて、長い取引経験をしてきたのにも関わらず、ここにきて初めて直面した問題がありましたので備忘録!

 

1 問題の発生

友人からの代理出品をしていた商品が見事落札されたのですが、取引開始直後、

違反商品を削除、または取り消しました

などという通知とともに、商品ページに全くアクセスできない状況になったのです。

 

 

 

 

 

この状況の肝は、

  • 落札者側(相手)は同商品が削除される前に入金済みであったこと
  • しかも、ちゃっかり落札システム手数料は徴収される
  • 出品者側(自分)が相手の連絡先を控えられていなかったこと

これに尽きる。

2014年末から始まった「取引ナビベータ版」では、直接相手とメッセージを送りあう必要はなくなり、相手の連絡先は取引ナビ画面で確認する仕様となりました。

よって、相手の連絡先をわざわざ他の場所にメモを取ったりする必要もなく、また個人情報取扱いの観点からもそれはよろしくない。

だからこそ、商品ページが削除され、取引ナビにアクセスできなくなると相手への連絡手段がなくなり、今回のように途方に暮れるハメになるわけですね(-_-;)

 

2 ダメもとでヤフオクへ問合せを!

まず、必要最低限の情報をメモします。

「マイオク」画面の新着情報欄等から、

  • オークションID
  • 落札者ID(お相手の名前)

を確認しておきます。

 

そして、

「お取引で発生したトラブル」に関するお問い合わせフォーム

こちらにアクセスし、
問い合わせフォームから連絡をしてみると良いでしょう。

内容としては・・・

送信文

出品者です。
取引開始、入金を受けたところで違反商品につき削除とされました。
相手の連絡先も全くわからない状態です。

落札者IDのみ判明で、『●●●●●』です。
オークションIDは『●●●●●』でした。

  • 落札者と連絡のやり取りをできる状態の確保
  • かんたん決済の手続きを取消しする

等の対応を願いします。

また、違反商品削除するのであれば早い段階で削除していただきたい。
図ったかのように、入金手続きを終えたタイミングで商品ページを削除し、落札システム手数料をせしめているようなものなのだから、その金が戻らないにしても何かしらの対応お願いします。

非常に恥ずかしながら大人げない文章を送ったと思います。

当時、非常に焦っていたのです。(激おこ)

そもそも、ヤフオクの利用規約により、取引について、権利者がガイドライン違反等認めた場合はオークションの状況にかかわらず削除する可能性がある旨記載があり、それに同意して出品者側は商品の出品をしているわけです。

またまた、恥ずかしながら、私の場合はフィギュアの出品だったのですが、これが「アダルト」を含むと判断されたようで・・・

いろいろ私の確認不足だったのです。

 

とまあ、反省も大切ですが、本件は入金を済ませた落札者様がいる取引なので、そちらを優先しなくては、と。

問合せに対しての、ヤフオク側の返答は以下。

受信文

Yahoo! JAPANカスタマーサービス●●です。

返信にお時間をいただきまして、大変申し訳ございません。

ヤフオク!は、ヤフオク!ガイドラインに基づき運営を行っており、弊社でガイドラインに違反すると判断した場合には、オークションの状況にかかわらず、規定に則り対応しております。
なお、削除されたオークションにつきましては、「取引ナビ」を含め、該当のオークションページにアクセスすることができません。
そのような場合、自己紹介欄への公開可能な連絡先などの掲載をご検討いただけますと幸いです。
自己紹介欄の変更手順につきましては、お手数ですが、以下のヘルプページをご参照ください。

◇自己紹介の掲載

http://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/p/353/a_id/40737/track/AvNp~grzDv8Q~Xl5Gi0e~yLBHZMq0S79Mv9T~zj~PP_a

連絡先の記載を行っていただけましたら、弊社にて、取引相手へ自己紹介欄を確認いただくよう通知文を送信するなどの対応を検討させていただきます。
以上、よろしくお願いいたします。

要は、自己紹介のページに連絡先を記載し、相手との連絡交換を図れということでした(-_-;)

 

3 ヤフオクを仲介して相手へコンタクト?

上の返信に対し、私は自己紹介ページに一時的にPC用フリーメールアドレスを載せることとし、ヤフオク側へ「自己紹介文を編集しました」とさらに返信したところ、

受信文

返信にお時間をいただきまして、大変申し訳ございません。
通常、ヤフオク!では、お取引に関する連絡や状況確認などは、すべてお客様同士で行っていただいております。

しかしながら、このたびご連絡いただいたご事情を鑑み、弊社にて検討した結果、今回に限り、下記のオークションの落札者に対し、お客様の自己紹介欄を確認いただくよう、通知文を送信させていただきました。

————————————–
オークションID:●●●●●
タイトル:●●●●●
————————————–

取引相手の方から連絡がありましたら、取引についてお話し合いをすすめてくださいますようお願いいたします。
以上、よろしくお願いいたします。

このように返信いただきました。
よってこの後、相手方へ

「出品者ノム犬さんの自己紹介分見てね、連絡先記載あるよ」

と連絡してくださり(推測)、取引が進められることとなった。

 

4 まとめ

連絡を取れなくなったお互いが『自己紹介ページ』を介して連絡先を交換するのが一番近道ということです。
取引ナビが使えなくても、相手のIDは確認できるから(そのはず、当方は取引履歴一覧で確認できた)

その上で、ヤフオクから相手に通知文を送ってもらえれば確実ですね。
しかし、返信文にあるとおり、ヤフオク側のこのような対応は基本的にはありえない、例外的な対応なのだろう。
私の激おこスタイルでゴリ押した結果何とかしてもらった感がある(恥)

出品者としてのモラルや、ガイドラインをはじめとする取引に関する知識が必要と思わされた事案でありました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください