スバル プレオ カーオーディオ交換&デッドニング



 

僕の相棒、プレオのカーオーディオのアゼストさんがまさかの故障!
CDの読み込みが極端に悪くなり、排出も困難に…
前々から、本体が異常に熱を持つなど変な症状があったので、お気に入りながら不安に思ったので、思い切って交換する!

まずは、センターデッキの交換。
今回は、アゼストさんからカロッツェリアのFH-P530に変更。
理由は単に見た目が良いから・・・!?
音質は耳が良くないのでそれほどこだわって無かったが、

  • USBで音楽再生できること
  • 組み合わせは面倒くさいので、2DIN
  • MDは使わない
  • 見た目

等で的を絞ったら当商品に辿り着いた。
以下、今回の作業内容。

 

プレオ オーディオ交換

今回写真撮り忘れたので、機会があった時に愛車の写真とともに載せたい(笑)
↓アゼストさんを引き抜き…

↓新しい付属のコードを繋ぎなおす。今回はUSBコードが増えた(背面)

↓お気にでしたが、ヤフオクでジャンクとして出品しようかしら…

 

プレオ デッドニング

よし、次はついでに(?)デッドニングやるどぉぉぉ!
大学時代に友人から結構聞かされていたのだが、やはりドアスピーカーの音質はデッドニングによって大きく改善できるとか。
今まで経費や金やらに余裕が無かったが、今なら…今ならやれる!
プレオの場合、ドアスピーカーはリアとなってしまうので、運転席からは多少聞こえにくい部分がある。
残念だが、せっかくの機会だ、最善を尽くしたい!
今回採用したキットはコレ
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_data.php?id=22190
ヤフオクで6000円弱で購入できる。

↓まず、ドアを破壊!否、外します。 軽の手動ミラーの安物は簡単に外せて便利!(爆)

↓アウターパネルをキレイにふきふきし、制振シート、吸音シートをペタリ。

↓インナーパネル用制振パネルを…しまったぁ!ねじ穴を埋めてしまったぁっ!(笑)

↓完成図。へたくそ過ぎる…ブチルゴム除去もシート貼付部以外は手抜きだし…(笑)

やはり最初にやるとこんなもんなのか、下手なのが自分でもわかる。
それ以前に、軽自動車ではキットを使いきれずにいくらか余ってしまった…
けちけちせず、バンバン張りまくってよかったかな(爆)
(あまり張りすぎもよくないと思うが…)
しかしながら、低音の出力量は純正スピーカーながらものすごいことに!
もっと上品な音を出せるスピーカーに変えなくては…
兎にも角にも、次やる時は、今回の経験を踏まえて上手にできるようにしたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください